本ページのツアー内容は2017年2月〜3月に行われたものです。
▶︎ツアーVol.2の内容・感想はコチラ
▶︎ツアーVol.3の内容・感想はコチラ


※移動は小型バスになります。
※ツアー内容は当日変更となる可能性があります。
★★
9:15 富山空港 集合・出発
9:45 富山駅(南口) 集合・出発
10:00 オリエンテーション(車中)
 ==
10:30~16:00 起業家めぐりとまちめぐり
1.高岡エリア
案内人:森田由樹子さん((株)エコロの森/Iターン)
○山町筋~高岡大仏周辺の散策
案内人:大菅洋介さん(大菅商店店主/Uターン)
○ランチ(COMMA,COFFEE STAND)
○会社訪問(ハピログ株式会社)
 —
2.射水エリア
案内人:明石あおいさん((株)ワールドリー・デザイン/Uターン)
○小杉地区の散策
○お店訪問(ひらすま書房)
○ランチ(uchikawa六角堂)
○内川沿い、新湊地区の散策
 —
3.南砺エリア
案内人:宮下直子さん(NAOコーポレーション/Iターン)
○城端地区探訪(買い出しミッションあり)
○ランチ(南砺市クリエイタープラザ 桜クリエ)
○お店訪問(CHINOCO)
○会社訪問(Tomo Yamakawa Design)
 ==
16:15 宿にチェックイン
BnC KIRAKU-KAN/BnC TATEGU-YA/BnC MOMO-HOUSE
※宿泊は相部屋(他のお客様と同じお部屋でお休み頂きます)となる場合があります。ご了承ください。
 ==
16:30~18:00 【対話】富山の起業について話そう(BnC KIRAKU-KANにて)
ファシリテーター:倉谷 龍孝さん(Massive Act代表/Uターン)
 ==
18:00~20:00 起業家や南砺の人々と交流(BnC KIRAKU-KANにて)
地元のうまいものや特製料理が集まります。
 ==
20:00 お風呂タイム(希望者のみ、料金別途。送迎無料)
 ==
21:15 それぞれの宿へ
 ==

7:00~8:00 早朝まち散策
8:15~9:00 朝食(BnC KIRAKU-KANにて)
 ==
9:00~12:00 井波の職人さんに弟子入り&クラフト体験
1.木のスプーンづくり
講師:田中孝明さん(トモル工房/Iターン)
 —
2.漆塗りの箸づくり
講師:田中早苗さん(トモル工房/Iターン)
 —
3.木の豆皿づくり
講師:石原良定さん(仏師/Iターン)
 ==
12:30~13:30 まち散策&ランチ
移住の先輩たちと南砺らしい昼食をたべながらまちを散策
 ==
13:45~14:30 【対話】2日間のふりかえり(BnC KIRAKU-KANにて)
 ==
14:30 南砺出発
 ==
15:30 富山駅(南口) 解散
16:00 富山空港 解散

※移動は小型バスになります。
※ツアー内容は当日変更となる可能性があります。
★★
9:15 富山空港 集合・出発
9:45 富山駅(南口) 集合・出発
9:45~10:00 オリエンテーション(車中)
案内人:河上 森さん(河上金物株式会社 鋼材部長/Iターン)
 ==
10:00~16:00 富山ならではの企業をめぐる(1)
10:00~11:30 ◎ (株)トンボ飲料
昨年、創業120年を迎えた老舗飲料メーカー。
 ==
12:00~14:00 富山まちなか散策&ランチ
1.まちなか子育て事情を知る
案内人:大澤英美さん(高校教諭・1児の母)
 —
2.まちなか教育環境&働く女性事情を知る
案内人:西田美樹さん(会議運営・企画会社勤務/Iターン)
 —
3.まちなかのいろいろを知る
案内人:田中美弥さん(野菜ソムリエ/Iターン)
 ==
14:30~17:00 富山ならではの企業をめぐる(2)
14:30~15:30 ◎ 日の出屋製菓産業(株) 立山工場
 ==
16:00 宿にチェックイン(リフレしんせと)
※宿泊は相部屋(他のお客様と同じお部屋でお休み頂きます)となる場合があります。ご了承ください。
 ==
16:30~17:15 ◎ (株)たてやま
 ==
17:15~18:30 【対話】富山で働くことについて話そう(グリーンパーク吉峰にて)
ファシリテーター:明石 あおいさん((株)ワールドリー・デザイン/Uターン)
 ==
18:30~20:15 富山で働く人々や宿周辺の人と交流(グリーンパーク吉峰にて)
地元のうまいものや特製料理が集まります。
 ==
20:15~21:20 お風呂タイム(希望者のみ、料金別途。入浴後、宿へ送迎)
 ==

7:45~8:45 朝食(グリーンパーク吉峰にて)
 ==
9:00~12:00 富山ならではの仕事をめぐる
案内人:坂本 龍生さん((株)プロジェクトデザイン/Uターン)
◎AROMA PROJECT 工場
◎里山の駅 つるぎの味蔵
 ==
12:30~13:30 まちなか散策&ランチ
3つのグループに分かれ、「地域おこし協力隊」と、まちなか散策&ランチ。
 ==
14:00~15:00 【対話】2日間のふりかえり (富山市民プラザにて)
 ==
15:00 富山市まちなか出発
 ==
15:30 富山駅(南口) 解散
16:00 富山空港 解散

※移動は小型バスになります。
※ツアー内容は当日変更となる可能性があります。
★★
9:15 富山空港 集合・出発
9:45 富山駅(南口) 集合・出発
10:00 オリエンテーション(車中)
 ==
11:00~11:30 はじめの顔合わせ@氷見
 ==
11:45~13:45 まち散策とランチ
3グループに分かれ、氷見の地域おこし協力隊とともに、氷見のおいしいものを食べに行きます。
 ==
14:00~16:30 【ミッション】氷見でお買い物
1.野菜&米&お肉を調達!
 —
2.お魚&お出汁を調達!
 —
3.地元スーパーでいろいろ調達!お茶とデザートも!
 ==
16:30~18:00 【対話】富山の農林水産業について話そう(薮田ハウスにて)
※薮田ハウス…地域おこし協力隊が暮らしている家
ファシリテーター:明石博之さん(みらいエンジン推進代表/Iターン)
 ==
18:30~20:30 農林水産業従事者や氷見の人々と交流(薮田ハウスにて)
調達してきた材料で最高鍋をつくる!
 ==
20:45 それぞれの宿へ
※宿泊は相部屋(他のお客様と同じお部屋でお休み頂きます)となる場合があります。ご了承ください。
 ==

6:30~8:00 早起き散歩(希望者のみ)
8:30~9:30 朝食(イイコトシェアキッチンにて)
 ==
9:30~11:45 空き家見学、生活環境見学
 ==
12:30~13:30 まち散策&ランチ
移住の先輩たちと南砺らしい昼食を食べながらまちを散策
 ==
13:45~14:30 【対話】2日間のふりかえり(まちのタマル場にて)
 ==
14:30 氷見出発
 ==
15:30 富山駅(南口) 解散
16:00 富山空港 解散

vol.1の参加者のみなさまよりいただいた感想

移住先を選定する上で参考となる情報が十分に盛り込まれていました。町を巡るだけでなく、多くの地域の人との交流を頂いたことで移住に関する疑問を直接質問することができました。移住に対して、とても前向きな気持ちを抱くことができ、とても貴重な機会になりました。2日間という短い時間が何倍にも充実した時間に感じられました。(20代男性・首都圏在住)

富山には、熱く自分達のやりたい事を壁を乗り越えながら邁進している方が多いと感じました。これを励みに今自分ができる事を改めて一生懸命行うと、いい形で繋がるのではないかと期待できました。参加者も主催者の方々もイキイキしていて、こちらも元気をもらいました。地方や都心に関わらずいろいろな可能性が秘めていると思います。自分のやりたい事を発信すれば横の繋がりも広がって面白そうです!(30代女性・首都圏在住)

地域で活躍する企業の方々、移住者を含め、起業家の方々ともたくさん接する機会があり、大変内容の濃いツアーでした。ここで出来た繋がりを、移住する際にも、移住した後にも大いに役立てられるであろうと、確信しております。また、地域の方々や地域おこし協力隊の方々ともたくさんお会いすることができ、この2日間だけでたくさんの人脈を作ることができた事に、大変感謝致します。(20代男性・首都圏在住)

全体を通して心に残ったことは、富山の方々の懐の深さです。「富山に移住してくれば、可能な限り応援しますよ!」 という心強いオーラを感じることができました。仕事でもプライベートでも 「富山について何かあったら、遠慮なく話してね」と、本気でそう思ってくれていると感じることができました。また、晴天率の低さやジメジメ感、夏 は結構暑いなど、マイナス面を話してくれたことも、信ぴょう性が増して好感が持てました。(40代男性・首都圏在住)

Uターン組の私にとって、地元・富山を、じっくりと見て回る貴重な機会となりました。また、富山でご活躍の皆さんにお会いできたことも、お得感満載のツアーとなりました。私以外の参加者の方との出会いも、奇跡です。予想外だったことは、男性の、「嫁さんの実家が富山で・・・」と、富山に移り住んだ方の多さ。それだけ、富山には、跡を継いでもらいたい企業や家業があることが、意外性のある日本の姿でした。(50代女性・海外在住)

空き家見学は移住後の生活を想像しやすく、施設見学もその土地を知るという意識を持たせてくれる場所で、完璧なツアーでした!自分の近い将来を考えて動き出すキッカケになり、自分の価値観が変わりました。人の温かさや縁を感じた事が1番心に残りました。(30代女性・首都圏在住)

移住のイメージが参加前より身近なものになりました。Iターンの場合は特に、ガラっと生活を変えるよりも、その土地を好きになり、人に馴染み、仕事など何かの居場所を見つけて、、とじわじわと身も心も移住する選択肢も良いと思いました。富山の住宅事情にも興味が湧きました。家族構成数を問わず、何軒も戸建を保有し、賃貸に出すなどすること、とても不思議に感じました。また、日本海側の冬は天気が悪いと言われていますが、2日間不自由なく晴れ間にも恵まれ、空気と空がとても綺麗に感じました。(30代女性・首都圏在住)