【vol.4】実施レポート:とやまの里+海 自然の恵みたち①〜会社訪問&ランチ散策〜

更新日:2020/01/10 16:32

未来の移住者のためのスペシャルカスタマイズツアー【とやま移住旅行】。いよいよ第3回の「街+町」も来月に迫ってきました!

今回は11月に開催した「里+海 自然の恵みたち」ツアーをレポートでご紹介。自然豊かな富山県で、山や海からいただく恵みと一緒に生活や仕事を営むみなさんを訪ねました。

2日間を案内してくれるのは、移住旅行のガイドはもうお手の物!の頼れる森田由樹子さん。(株)エコロの森の代表で、普段から県内外のお客さんに富山の自然の美しさや雄大さを案内しています。

右が森田さん。移住旅行のガイドを4年連続で務めているベテラン案内人

 

お天気にも恵まれ立山連峰もよく見えるバスの外。自己紹介や富山のキホンを話しながら、まず到着したのは立山町の白雪農園・白雪ゲストハウスです。

 

この笑顔がトレードマーク!

朗らかな笑顔で迎えてくれたのは農園主の坂口創作さん。2016年に東京から家族でIターンし、富山への移住をきっかけに農業への道を歩み始めました。

まずは大きなお家にお邪魔して、坂口さん一家の移住するまでのお話や、現在のお仕事内容を伺いました。農業をするにあたって、まずは「とやま農業未来カレッジ」に入学。ここで農業のいろはを学びました。

カレッジを終了後、規模は小さくとも、日々の食卓を彩る多種多様な野菜や果樹を育てたいと白雪農園を開園。2018年からは、この土地の生活を共有できたらと自宅を使ってゲストハウスも始めます。

「実は親も都会から地方へ移住したんです」と坂口さん。二代続けての移住経験も踏まえて、田舎暮らしの人間関係のコツや移住者が起業する実情を話してくれました。参加者の皆さんから続々と飛ぶ質問にも、ひとつひとつ答えてくれましたよ。

普段はゲストハウスとして開放しているスペース。あまりの広さにあちこちから歓声が

せっかくのお天気ですし、外もご案内しますよ!と家畜小屋から連れてきてくれたのは可愛い親子のポニー。いつもの散歩道という竹やぶを、交代で手綱を持ちながら散策しました。

坂口さんのお家から歩いて数分の場所にある竹やぶ道

竹やぶを抜けると大きく開けた原っぱに出ます。元は耕作放棄された田畑でしたが、今は坂口さんが放牧場として活用しています。

みんなで餌やり体験も

お母さんポニーのカモミール。大人しいので動物が苦手なスタッフも安心して戯れました

里山暮らしの楽しさと大変さ、そして可能性をありのままに話してくれた坂口さん。天気も味方し、とても素敵な時間を過ごすことができました。

坂口さんご家族のみなさま、ありがとうございました!

途中、猿にも遭遇!田畑を荒らす鳥獣ではありますが、この時はみんなのアイドル

 

そろそろお腹がすいてきたなというタイミングでランチタイムです!

2グループに分かれてランチ&散策を楽しむこの時間。案内してくれるのは埼玉からIターンの佐藤みどりさんご家族と、大阪からIターンの川端里枝さんです。

川端さん(左)と佐藤さん一家

まずはみんなで立山町のカフェでランチです。立山町の農場・カシワファームが、自分たちの育てた肉牛を食べてもらえる場所をとオープンした「Lifetime」。自慢の肉牛を使ったローストビーフをいただきました。

柔らかなヘルシーお肉。地元産の野菜との相性もばっちり!

 

まずご紹介するのは佐藤みどりさんチームです。東日本大震災を機に移住を考えていた佐藤さんご夫婦。みどりさんが瀬戸で作陶をしていた縁から、越中瀬戸焼で有名な立山町に移住しました。

工房にできる納屋があり、さらに見晴らしもいい最高の物件に出会えたと話すみどりさん。壁の漆喰塗りと床張りを家族で行うなど、リノベーションはできる限り自分たちの力で行いました。

運良く出会えたという物件。立派な欄間や仏壇にみんな興味津々

納屋には大きな窯や、みどりさんやお子さんの作品がありました

移住してすぐは地域おこし協力隊として活動していたみどりさん。富山を代表するクラフトフェア・立山Craftを立ち上げるなど、精力的に立山町の地域おこしを行いました。

その立山Craftの会場となる公園や、2020年に完成予定のリゾート「Healthian Wood」などを自転車でぐるっと回った佐藤さんチーム。

清々しい秋晴れだったこともあり、公園は子供連れの家族で大賑わいでしたよ。

田んぼ道を颯爽とサイクリング♩童心に返って楽しみます

特別に用意していただいたVIP席でちょっと一息

お家の外に置かれたVIP席でコーヒーブレイクも楽しみました。立山町の小学校事情や動物事情など、さまざまな話が飛び交いましたよ。

お庭の柿取り体験も!参加者の皆さん、ご満悦です

 

さて、もうひとつの川端さんチームものぞいてみましょう。

旦那さんとお子さん2人と一緒にIターンした川端さん一家。なかなかココだ!と思える場所には出会えなかったそうですが、緑の多さと雄大な立山連峰に感動し、立山町への移住を決断しました。

引っ越してきたばかりの頃は、右も左も分からなかったそう。出会う人にはとにかく大きな声で挨拶していたと話します。

大阪出身の川端さん。大阪で培ったトーク力に、みんな笑いが絶えませんでした

事前の打ち合わせでは「立山町で行く場所が思いつかない!」と話していた川端さん。唯一行くお店がココ!と案内してくれたのは県内の情報誌の表紙も飾ったパン屋「松の実」。

美味しそうな香りにつられ、ランチを食べたばかりなのも忘れてみんなお買い物を楽しみました。

開放的な部屋のつくりに、こんな家に住みたい…の心の声がもれる人も

続いてはこちらもご自宅訪問。川端さんの引っ越しほやほやというお宅へお邪魔しました。

同じ地区内で引っ越したばかりという川端さんの新居は、自身で壁塗りを行ったそう。この景色のためにこのソファーを置いたというこだわりのお部屋ポイントなども教えてくれました。

蒔を割るのはお父ちゃんの仕事!と川端さん

玄関を入った目の前には「めちゃくちゃあったかい!」と家族で大好評の蒔ストーブが。消えてしばらく経ってもまだあったかいんだね~と驚きの声も上がりました。

続いて川端さんの勤める地産地消加工施設へ。ここで作られた味噌やこんにゃくなどは町内の学校給食にも使われています。

そして川端さんが絶対連れてきたかった!と話す場所へ。

里山の原風景に圧倒

地産地消加工施設のすぐ裏にあるこの場所。「ここにくると自分の悩みなんて本当ちっぽけなんだなと思う」と話す川端さんにとって、ここはリフレッシュやスイッチを切り替える場所になっています。

風景を背に記念写真を撮る参加者のご夫婦に、はいくっついて~と川端カメラマン

 

2チームともお宅訪問させていただけるという貴重なランチ&散策の時間でした!本当にありがとうございました!

さて立山町を後に、次は漁港もある魚津市へ向かいます。ここではどんな出会いがあるのでしょうか?お楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です